意外!!ここなら買えた!販売店は一見するとマスクと関連がない〇〇!

1. 私がマスクを探していた理由
コロナウイルスが猛威を振るっている中、私は残りわずかとなったマスクを買い足すために、都内各所を巡り歩いていました。毎日店頭で接客業をしている自分にとって、マスクは業務中に着用必須の備品だったからです。現状の自宅の在庫では後一週間ほどで無くなってしまう、という状況でした。
ドラッグストア・スーパーマーケット・コンビニ・百貨店…いろいろな駅の様々な業態の小売店を巡りに巡りましたが、全く見つかりませんでした。

2.マスクが買えた意外な場所とは?
その日中の購入を半ばもう諦めて、疲れた体を引きずって自宅へと向かっていました。もう21時を大きく過ぎていた頃だったと思います。最寄駅の中央線高円寺駅に着いて、帰りながらふと目についた店舗がありました。
「ヴィレッジヴァンガード高円寺店」です。いわずと知れた複合型書店で、書店にも関わらず書籍以外の雑貨が幅広いジャンルにわたって販売されています。特に高円寺店では地域密着型の商品ラインナップで他の地域の店にはないラインナップを展開しています。特に私は、漫画と関連グッズのコーナーが好きで定期的に利用しています。
「もう今日はマスク探しはやめて、漫画でも買って帰ろう」と、ぼんやり考えながら漫画コーナーでお気に入りの作家の新刊を手に取り、そのままレジに向かいました。ヴィレッジヴァンガード高円寺店では、レジ前にも所狭しと商品が並んでいます。前に並んでいた別客の袋詰めを待ちながら、レジのラインナップを見ていると、普段よりレジ前中央部の棚にボリュームがないことに目を惹かれました。そこに、マスクがわずかに陳列されていたのです。普段はスマートフォン関連のバラエティグッズやお菓子がつられている棚です。目を疑いました。
「まさかマスクと何の関連もないジャンルの店で見つかるとは…!」と静かな興奮を覚えました。前の客が荷物を受け取ってすでに立ち去っていましたが、私はそのままの位置からマスクを吟味していました。レジに並んでいたはずの私が会計に来ないので、店員の方はさぞ怪訝な表情を浮かべていたと思います。

3.どんなマスクが買えたのか?
私が見つけたマスクは「Looka デザインマスク」というシリーズの商品です。これは使い捨てのマスクではなく、洗って繰り返すタイプのマスクです。また、デザインマスクと記載があるように、衛生面や病気の予防という面よりもファッション性を重視した観点で考えられた商品でした。私が購入したのはブラック・ホワイト単色を1つずつです。オンラインショップでは海外の国旗をモチーフとしたカラーや、ツートンカラーのデザインもあり、デザイン性が強調された普段使いしやすい商品だと感じました。
これが、一見マスクに関連の無いヴィレッジヴァンガードで販売されていた理由です。
しかし、この商品はシリーズを通して、意外にも機能性も抜群なのです。

4.機能紹介
まず、「耳が痛くなりにくい設計」です。耳掛けのひもが細い設計ではなく、口を負う部分と耳掛けのひもが一体となっており、ふわっと包まれるような付け心地となっています。これは自分にとって思わぬ収穫でした。私は平均的な日本時よりも顔の幅が広いため、マスクをつけると耳掛けひものせいで顔の側面や耳が痛くなることが多かったからです。空気が漏れないフィット性もあることから、メガネを普段使っていてもなかなか曇らず使い勝手が良い設計です。
次に、「吸湿速乾」機能です。マスクの中は吐息や肌からの蒸散でかなり湿気が高くなり、不快になってしまいます。この商品は不快にならない程度の湿度に抑えてくれる機能があり、普段使い続けていてもなかなか気になりません。
最後に「抗菌・防臭」機能です。検査機関より認めれた銀成分が複合されており、身体に安全な抗菌・防臭加工がされています。これで衛生・予防対策としても使用できる商品であることがわかります。匂いがこもりがちのマスクですが、速乾機能と相まって快適な使い心地です。
時間をかけてマスクを探してきましたが、ヴィレッジヴァンガードで思わぬ発見があり大変助かりました。

タイトルとURLをコピーしました