このマスク不足の中、いったいどこから仕入れを…

薬局はもちろん、ホームセンターやスーパーまでも店頭からマスクが品切れとなり始めた頃、自宅にはまだストックがあったが、コロナウイルスの予防以外にも時期的にインフルエンザや花粉症の予防としてとマスクは絶対に必要と思い、仕事帰りに毎日マスクが売っていそうな店を探し回っていました。

でもどこを探しても売り切れで、焦り始めた時に思い出したのが、たまに利用していたメルカリでした。

このような非常事態の時に考えることは皆同じで、メルカリではすでに、自宅保管していたマスクや手作りの物を出品している人が多くいました。

その時期から、普段は数百円で買えるマスクが数千円、箱入りの物だと5千円近くもの高額で売っている人もいましたが、中には良心的な値段で売っている人もいて…

ウチにはまだストックがあったので、取り敢えず数枚購入しておこうと思い、福井県の方から女性用の小さめマスク7枚入りを3袋、1,660円で購入しました。

女性と思われる出品者さんはとても親切丁寧な対応で、「明日また同じ商品が4袋入荷するので、もしご入り用でしたらお取り置きしますのでご連絡下さい」と返信を下さり迷ったのですが、追加購入するほどまだ困ってはいなかったので、「わかりました。ありがとうございます」とだけ返信しました。

でもこのマスク不足の中、この人はいったいどこから仕入れているんだろう…と気になり、その方の他の商品も調べてみたところ、マスクばかりを大量に(小分けして)販売していて、ほとんどがsold out。

それを見て更に気になってしまい、直接、「すみません、出所が気になるのですが…」と聞いたところ、「知り合いがコンビニ経営者で」というお返事でした。

あぁなるほど…とその時は思ったのですが、いくら知り合いがコンビニ経営者とは言え、これほどのマスク不足の中で、個人的に横流しするような事があっていいものなのか、そして更にそれをメルカリで大量出品していいものなのかと、後から色々と考えてしまいました。
知り合いが…ではなく、本人がコンビニ経営者だったのではないかとも。

でも特別高額で悪質な販売だった訳ではなく、対応もとても丁寧だったので、もちろん通報することはありませんでしたが。

ただその後やはり、悪質な販売者が続出し、
メルカリ等ネットフリマでの高額販売の取り締まりがあったり、SNSによるデマ情報によってトイレットペーパーやティッシュ、生理用品までもが品切れとなる事態となり、本当に必要な人が購入出来ないなど、一時的に混乱しました。

トイレットペーパーやティッシュ、生理用品に関しては配送が追い付き、最近ようやく店頭に並ぶようになりましたが、マスクは相変わらず品切れ状態で、中国のマスク生産工場で輸出をストップしているといったニュースも。

今回は、生活必需品である紙製品の品不足期間が比較的短期間で済んだため何とか凌げましたが、新型コロナウイルスの拡大は世界規模で蔓延してる為、マスクの品切れ状態がいつまで続くのかもわからず、本当に死活問題だと思います。

そして紙製品、マスク等、特定の商品の品切れ状態は、東日本大震災被災者である私としては当時を思い出す要因にもなりました。

タイトルとURLをコピーしました