書店でマスクがあった!高かったけどネット転売よりは安いので購入

花粉症がきつい季節になりますが、そのほかの感染症の予防をしようと例年よりもマスク需要が高まっているので、なかなか変えずに辛い思いをしている人もいるのではないでしょうか。

私もそのうちの1人で、街中でマスクをしている人を見ると「どこで手に入れたの?」と聞きたくなってしまうほどでした。そんなある日、まさかの場所でマスクを購入することができたのです。

それはまさかの「書店」でした。花粉症であんまり外に出たりしたくないから、家で引きこもっていても子供が退屈しないようにと絵本や本を買いに行ったのです。すると、レジ横にマスクが販売されていたのです。

しかも山になるほど置いてあって、久しぶりにこんなにマスクを見た気がする!と思うほどでした。もちろんすぐに購入することにしたのですが、1家族3つまでと書いてあったりと制限がありましたね。

しかも値段が高いのです。いつも買っているマスクは箱に入っているもので2000円程度なのですが、まさかの置いてあったマスクは5枚入りで300円オーバーでした。

3つ買っても15枚ほどにしかならず、お金は1000円も飛んでいってしまうので少し躊躇しましたね。

「もしかするとマスクがまた大量に作られて同じように販売されるかもしれない」、「そしたら値段もこれよりもかなり安いし、いまたくさん買うと損をしてしまうかもしれない」と悩みました。

まだたくさんあるし、もしかしたら在庫もたくさんあるかもしれないから今買わなくても良いかと思い、そのときは通りすぎました。

そのあと、雑貨屋だったり他の場所を巡ったりしていたのですが、やはりマスクのことが気になります。

実家に連絡をして「書店にマスクあったんだけど高かったんだよね」と話すと「いまはネットオークションだったりフリマアプリでマスクが転売されているほどで、そこでもっと高い値段がついているのに!それは安い方だからとりあえず買っておきなさい!」と言われて、いまのマスク事情はそんなにも厳しいものなのかと驚き、マスクを売っていたレジに急ぎました。

すると、30分くらい前まで山のようにあったマスクがもう20袋くらいになっていたのです。こんなに減ってしまうなんて!と驚いて手に取ったのですが、よく見てみればみんなマスクを3袋手に持っていました。

それだけ危機的状況なのだなという再確認ができました。それから職場の人に書店で買えたよと話すと昼休みに行ってみたそうなのですが、なんともうコーナーがなくなっていて品切れと言われてしまったのだとか。

週末にもしかしたら入荷するかもくらいの話で、お店の人も分からないようだったと教えてもらえました。

いまマスクが買える場所って、コンビニだったり値段が高いところが多いです。それでもいつ入荷するか分からないくらいなので見つけたら買っておくのが間違いないのかなと感じました。

やはりマスクがあるのとないのとでは、花粉症の季節の安心度が違います。”

タイトルとURLをコピーしました