マスクが必要!売ってる店はタピオカミルクティー屋さんだった

花粉症の私達夫婦は最低でもひと月に60枚のマスクが必要になります。マスクがないと涙に鼻水に大量に出て、日常生活が送れないほどです。そんな重症の花粉症の人は私たち以外にもいると思いますが、皆さん困っているのが今のマスク不足です。

今はマスクが全く手に入らない現状で、ドラッグストアやスーパーはもちろん、100円ショップ、コンビニですらありません。手作りのマスクを作ってみましたが、どうも効果がありません。それに今では手作りマスクの材料すら手に入らない状態です。

いつもどこに行くにもマスクコーナーをのぞくなど目を光らせて探していますが全く出会えなません。店員さんにマスクの入荷はいつか聞いても、入荷の予定はないと言われ、途方に暮れていました。そんなほしくても手に入らなかったマスクでしたが、ふと入ったお店でマスクが売られていました。

【マスク発見】

マスクを探す日々に疲れ始めていたころ、ついにマスクを売っている店を見つけました。

それはなんとタピオカミルクティー屋さん。なぜこんなところにあるんだろうと不思議でたまりません。店の人になぜマスクを売っているのか聞いたところ、以前、大量に買ったもののこんなに使わないし、それなら今必要な人がいると思って売っていますと言われました。

それも高額な値段ではなく、定価での販売でした。そう、店には何の利益もありません。どうしてわざわざそんなことをしているんでしょうか。神様みたいな人っているんですね。感動して涙が出そうになりました。

そこのタピオカカミルクティー屋さんには以前から、タピオカミルクティーを買い求めて通っていましたが、今回初めてマスクを売っていることを知りました。聞くと一昨日から売り始めたそうです。最初は30箱ほどから売り始め、私がそこでマスクを売っていることに気付いたときには最後の一つになっていました。よく残っていたと思います。

この一箱でまた1か月、マスクがある生活が送れると思うと安心できました。

【マスクを探している人にしかわからないこと】

私は主婦なので時間があり、こうやって今回は買うことができましたが、仕事をしている人や家から出られない環境の人ならどうしたでしょうか。私以外にも花粉症で困っている人はたくさんいると思います。その人たちが日々、いつ入荷されるかわからないマスクを探し続けると言うのは、実はとてもストレスフルなことです。

命の危険にあるわけではありませんが、花粉症の人にとってマスクがないということは死活問題です。必死でマスクを探す日々に疲れ始めたころ、私は運よくマスクを見つけることができました。

しかしこれも今月いっぱいしかもちません。残りの日々の事を思うと心配です。ある友達は布を使ったマスクを作って、職場に通っているそうです。またある友達は、1日で使い捨てせず、3日は続けて使うことで消費のスピードを遅くしているそうです。みんな様々な工夫をして乗り越えようとしています。

【マスクはいつ落ち着くのか】

これはニュースでも見解が分かれていますが、一体いつになったらマスクが元のように買えるようになるのでしょうか。本当に必要な人が大勢いると思います。また買いたくても買いに行けない事情を持つ人もいると思います。そんな人たちが1日でも早くこのマスク問題から解放される日が来ますように。
そして私もタピオカミルクティーの店長さんのように、もしマスクが余分に手に入ったら分けてあげられる人になりたいです。今回はまさかのタピオカミルクティー屋さんでのマスク発見でしたが、他にも心優しい人が販売するなどの場があるかもしれません。そう願いたいです。

タイトルとURLをコピーしました