Amazonで洗えるマスク「Purei MASK」価格も驚くほど高くない

1.気がついたらマスクが世界から消えていた

マスクは花粉症の春、秋、インフルエンザなどの感染症予防に冬、そしてそれ以外でも咳が出る時や風邪の時など、私にとっては欠かせないアイテムだ。常に家に1箱は常備していて、「そろそろ減ってきたな」というタイミングで随時買い足しをする。街の中のスーパーやコンビニ、ドラッグストア、いつでも買いたいタイミングで販売されていて、これといって売り切れを気にした事はなかった。
ところが、コロナウイルスが流行し始めた頃、気づけば既に私の生活圏内からマスクが消えていた。そう、買い占めの流れの影響で売り切れが続出、その波に気づかずにマスクを手に入れる事にすっかり出遅れてしまったのだった。

2.このままだとまずい

前述の通り、私は花粉症だ。春を乗り切るにはこのアイテムが必要不可欠である。しかしまぁまだ冬だ。ちょっとムズムズする時期には差し掛かるが、本格的に始まる頃にはマスクは入荷しているだろう。そんな甘い考えだった。
来る日も来る日もドラッグストアに立ち寄る。マスクがない。あれ…なかなか入荷しないな。そろそろストックも厳しくなってきた。休みの日、ドラッグストアの開店前に並んでみよう。そうすればきっと手に入る。そう思っていた。
しかし、並んだ挙句、「本日の入荷はありません」と言われてしまう。絶望感を抱き、「このままでは花粉に殺されてしまう…」という危機感を初めて持った。

3.誰に聞いても「売っていない」

ところが、みんな白いマスクをつけて街中を歩いているじゃないか。どこかに売っているんでしょ?マスクをつけている職場の人、友人、知り合いに聞いてみたが、みんな口を揃えて「どこにも売ってないよね、困ったよね」という。え、でもつけてるじゃない。どこで買ったの?と聞くと、「私もストックがあって」とか「事前にドラッグストアで買っておいた」という回答だった。コンビニの方が入荷する確率があるとも聞いたが、やはり何軒回っても売っていない。そんな中、姉から「Amazonで買ったよ」という情報を手にいれた。

4.やっと…

その発想はなかった。マスクといえばドラッグストア、その他スーパーやコンビニだ。目から鱗の情報に早速Amazonを検索。しかしやはり市場に出回っているような白いマスクは売り切れているのか、どれも価格の高い商品ばかり。中には1万円を超えるものもあり、普段600円で手に入れている私にとってはなかなか「カートにいれる」ボタンを押す勇気が持てない。やはりAmazonもダメか。そう思った時、洗えるタイプのマスク「Purei MASK」を見つけた。価格も驚くほど高いものではない。「これだ!」と思いポチっと購入ボタンを押した。

5.生きていけそう

白いマスクに慣れていた私には、色もグレーとちょっと尖っている感じがして気が引けたが、背に腹は変えられない。花粉に殺されるくらいなら少し尖って街中を歩いてみるのも良い。そう思って初めてつけてみたが、使い心地はなんとも快適!白いマスクより息がしやすく、マスク独特の匂いも無い。フィット感も最高だ。どこにも売っていなかったマスクを通販で手にいれ、私はようやくこの春を生きていける自信を取り戻したのであった。”

タイトルとURLをコピーしました