会社の人の情報でマスクが買えた!マスク購入のカギは人脈?

会社内でマスクを見つけたときにはすぐに連絡をし共有をすると暗黙のルールが出来上がっていました。会社内には幅広い地域から人が集まっていて人数が少ないので簡単に情報共有ができます。

ある日、お昼から戻ってきた女性が会社から5分の薬局でマスクを見つけたと連絡がありました。すぐに会社内に広がり持っていなかった人は買いに行きました。

・売っていたマスクについて

マスクは30枚入りで500円しました。また、60枚入りの大容量は1300円以上しました。マスクはもう少し安いと思っていたため今の世の中でマスクの値段は上がっているとよくわかりました。1300円以上もするマスクを買っている人は少なく500円のものからすぐになくなっていきました。

段ボールが4~5箱あり少ない入荷だとは思いましたがお昼時に他の店舗にも供給しているんだと思いました。前にマスクを変えたときにも午後の時間帯だったので入荷はお昼から午後4時の間で行っていると思います。この時間帯に合わせてお店を回ってみたりすると良いと感じました。

マスクは一人2箱まで購入することができます。子供の多い人にとっては少なく大変だろうと思いました。

・薬局内での状況について

薬局内の状況は人がいないと感じました。マスクがここに出ていることはそこまで知れ渡っていないんだとわかりました。教えてくれた女性も入荷しているところを見つけ連絡をしているので入荷したてだからだとわかりました。

レジに人が行列を作っているわけでもなく、マスクを買いに来ている人も会社の人を合わせて10名ほどでした。しかし、ぽつぽつと車が駐車場に入ってきているのが見えたのですぐに売り切れになると予想しました。

マスクが入荷してから2時間後にはもう売り切れになっていると情報が入りました。私たちは無事にマスクを二箱購入することができていましたが、会社の数名は行ったときには売り切れになっていたと言っていました。段ボールだけが取り残されており、マスクは一個もなかったそうです。

・まとめ

マスク購入体験をまとめてみると入荷のタイミングを知ること、情報を回してあげることです。

マスクは本当に必要になっている人にはあまり回っていないと感じます。自分自身もマスクを買う時には在庫が10枚を切っていない限りは買わないようにし他の人に回すことをおすすめします。

持っているのに購入してしまうと、マスクが無くて本当に困っている人や金銭的にも余裕がなくなってしまい今後の生計に支障がでてしまいます。自分自身のことだけを考えるのではなく周りのことも視野に入れ家計のこともしっかりと考えることが大事です。

そして、最も大事なことが情報をまわすことです。マスクが買えなくて困っている人や本当に必要になっている人に連絡を取り合うことです。もし教えてあげた人が買うことができない状況になっていたりするなら代わりに購入することもおすすめします。

相手を助けることによってこちらがマスクや他のことで困っているときには絶対に助けてくれる信頼関係ができあがります。

コロナや病気などで少しずつおかしくなっているため助け合い頑張っていくことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました