マスクがない!私の住んでいる街の特徴とマスクを買うコツ

私の住んでいるのは、割と大きい街で、デパートや飲食店、ドラッグストアも沢山あるため、比較的中国人観光客が多い街です。ドンキホーテは遅くまで中国人観光客でにぎわっていますし、今の時期、ドラッグストアの開店前には中国人の長蛇の列、なんてことも珍しくありません。

【マスクを買うコツ】

みなさんが思いつくマスクを買う方法と言えば、開店前のドラッグストアに並ぶ、というのは周知のことだと思いますが、それには少しコツがいります。やみくもに列に並んでもマスクは買えません。

マスクを買うなら、まず、その中国人の並んでるドラッグストアの列に並ぶことです。なぜなら、中国人は、今日は何曜日だからあの系列のドラッグストアにはマスクの入荷がないけど、この系列には入荷がある、日曜日はあのドラッグストアの配送はこない、などというような、店員しか知らないような情報を持っているのです。

中国人たちは、その日に入荷があるドラッグストアの開店前に列を作っているのです。その情報は当たります。おそらく、近年ドラッグストアには中国人の店員が多いので、その店員から情報を得ているのだと思います。

【マスクを買うための奥の手】

開店したら、真っ先にマスクの置き場にみんな走るのですが、そのマスクは購入するのに制限があります。

1人一個だとか、家族につき一個だとかそのような制限です。私がマスクを買えたドラッグストアの制限は、ボックスのマスク、ボックス以外のマスクそれぞれ1人一個まで、というものでした。私は大人用マスクも必要でしたが、子供用マスクが沢山ほしく、子供用はボックス以外でした。でも子供用は一個では足りません。

なので、自分ではボックス一個、ボックス以外の子供用を一個買い、会計に並んでいるボックスしか持っていない人に頼んで、子供用のマスクを代わりに買ってもらいました。案外嫌な顔をされず、協力してくれます。そうして、ボックス一個と、ボックス以外の子供用を二個手に入れることができました。

【まとめ】

あくまで私見ですが、日本人よりも、中国人の方がマスクを手に入れることに対しての情熱がある印象です。マスクを手に入れるなら、中国人に習って行動すればいいと思います。

なお、私は少しですが中国語を話せるので、ドラッグストアに並んでいる中国人に話しかけると、マスクを手に入れるための有益な情報が得られることもよくあります。中国語が少しでも話せる人は、思い切って中国人に話しかけてみるのもいいと思います。

タイトルとURLをコピーしました